働く女性は遊びも大事

プライベートも大事!!

子供との遊び

女性が家を守っていた次代、子供たちは家から帰ってくると母親が「お帰り」と出迎えてくれたものでした。
働く女性は少なく、働いている女性たちの子供は「かぎっ子」などと呼ばれ、学校の教室で同じような境遇の友人達と時間を過ごしながら、母親が戻ってくる頃に家に帰ってくるものでした。
しかし、今では働く女性たちも増え、放課後に家に帰ってもお母さんがいないという家庭も増えてきました。
そこで問題になってきたのが、働く女性とその子供たちとのふれあいです。
働く女性たちの間でも、仕事が忙しくてわが子と遊べないということがストレスになって、逆に仕事をしたくなくなってしまうという現象もおきてきています。
子供たちの間でも、母親とのふれあいが少なくなってストレスがたまり、学校で問題行動を起こす子供も増えてきています。
女性が働くためにはストレスを発散させる必要があるのですが、子供のいるお母さんにとっては仕事が終わってから子供とのふれあいがストレス発散になっているのです。
しかし、子供はとてもパワフルです。
仕事して終わった後子供と触れ合うのはとても体力が要ります。
そこで活用したいのが、家事自治体なんかで行われている親子ふれあい教室などを活用するのも便利です。
仕事の休みに行われているようなふれあい教室などを活用しながら子供と触れ合うことによって、同世代の子供やそのお子さんを持つ同じ働く女性たちとも仲良くなることができます。
子供にとっても、同じくらいの子供たちと遊ぶ機会ができることでストレスをうまく発散することができます。
こうして働く女性たちとその子供たちの活力につながっていくのです。

Comments are closed.